赤ちゃんが安全に暮らせる家づくりとは

赤ちゃんはハイハイやよちよち歩きする前は寝ころがっているだけなので

いいのですが、自分で動く様になると目が離せません。

 

赤ちゃんはとにかく何でも口に入れたがるので注意が必要ですし、

特に気をつけなければならないのは柱などの角をとがらせない様に

設計することです。

 

赤ちゃんがとがった角でケガをしてその後に削って角を無くしたという

話を私は何度も耳にしました。

 

後、気をつけなければいけないのは赤ちゃんというのは意外に

脚の力が強いので歩き始めると何にでもよじ登って高い所に行きたがる

という習性があることです。

 

「たぶん、そんな事はしないだろう」と高をくくらないで、

最悪の事態を考えて2階のベランダなどにも赤ちゃんがよじ登って

落ちない様な対策を施す必要がありますし、

1階の縁側からや、階段の手すりの隙間などから落ちるケースも

良く耳にするので、あらゆるところに対策しましょう。

 

赤ちゃんは意外と丈夫にできているのですが、万が一ということが

ありますので、玄関なども低く作って落ちてもというか落ちない様な

高さにした方がいいと思います。

 

また、ハイハイ期、よちよち歩き期だけでなく、生まれたての赤ちゃんと

暮らすマイホーム作りにもコツがあります。

 

子育て世帯の方で赤ちゃんにも安心なマイホームを新たに作る場合には、

様々な対策をしておくと良いです。

 

まずは、ホコリなどアレルギーが発生するリスクがある物を取り除く

必要があります。

 

その為には、十分な換気が出来る窓や換気設備を付けておく事が大切です。

 

2017年現在では、24時間換気が多く採用されており、日常的に換気をしておく

事で汚れた空気を循環する事が出来ます。

 

次に住宅の建材ですが、やはり無垢材が良いでしょう。

 

天然の木材のため肌にも優しく安心してフローリング上で子育てが出来ます。

 

無垢材の場合、湿気にも強くカビが生えにくいメリットがあります。

 

シックハウス症候群やアレルギーに対して効果の高い材料となっています。

 

無垢材以外ではフローリングへのコーティングも効果があります。

 

無機質のガラス塗膜を使ったガラスコーティングなどは、

安全上も優れており傷もつきにくく汚れも落ちやすいので、

子育てしやすいフローリングとなります。

 

ただ、赤ちゃんがハイハイしても安全で暖かい床となれば、

やはり杉の無垢板が一番ではないでしょうか。

 

杉はフローリングやヒノキに比べ、暖かく、また柔らかいことが特徴です。

 

赤ちゃんが進んでハイハイしてくれるような健康な環境を作ってあげられれば、

子育てをする親御さんにとっても、”いい家”と言えます。

 

 

 

健康マニアによる無病ライフ
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
女性向けエステ.com
JALカード
クレジットカードの即日発行じゃけん
住宅リフォーム総合情報
お家の見直ししま専科
初値予想
生命保険の口コミ.COM