小さな子どものいる家庭にぴったりな家

小さな子どもがいる家庭の場合、家選びはなおさら慎重に行わなければ

なりません。

 

特に、ようやく歩くようになった頃の子には、厳重な注意が必要です。
階段のある家の場合、階段の幅は、後付けの安全柵が取り付けられる幅

である必要があります。

 

あまりに幅が広かったり、狭かったりすると柵が取り付けられません。

 

歩く頃の子どもがいるなら、階段の安全柵は必須なので、

まずはこの点をチェックしましょう。
子どもが大きくなれば、いずれ自分の部屋を持つようになるでしょう。

 

本腰を据えて住む家なのなら、子どもの目線に立って、

子どもが生活しやすい環境であるか確かめる必要があります。

 

例えば、階段の一段一段が高すぎると、子どもは上りづらいです。

 

他にも、電灯のスイッチが届く高さにあるか

(これについては後からリフォームで変えられるようです)、

部屋間のドアの開閉が重すぎないかなど、見渡す限り注意点だらけです。

 

東大阪で一戸建てを建てるなら一番の理想は、これらすべてを兼ね備えた家ですが、

そんなに都合のいい家はなかなか見つからないでしょう。

 

後から改造・リフォームが可能な点や、市販品で簡単に安全対策できる点を

除外していき、どうしても変えられない点を優先するようにしましょう。

 

赤ちゃんも安心な家作りについて

マイホームを建てる際に赤ちゃんを安心して子育て出来る家作りを

する事がとても大切です。

 

特に収納スペースを多く作る事が重要です。

 

フローリングに物が置いてあると誤飲したり怪我をするリスクが

非常に高まります。

 

部屋が散らからないようにする為には、収納スペースを多く使って

おく事が必要となります。

 

フローリングの場合、床が硬いため転んだりすると怪我に繋がります。

 

畳の部屋やフロアマットを採用すると安心して子育てが出来ます。

 

次に階段を緩やかにするなども有効です。

 

赤ちゃんを抱っこして階段を上り下りする際に負担となります。

 

勾配が緩やかだと二階への上り下りが楽になります。

 

家を建てる際に使う材料も重要です。

 

赤ちゃんの肌に優しい天然の木材などを使う事で子育てがしやすくなります。

 

家の間取りや広さについてもしっかりと考えると良いです。

 

リビングが広いと子供を遊ばせたり寝かせたりしやすいです。

 

生活する時間が長いリビングを広いスペースにする事も

子育てしやすい家になります。

 

赤ちゃんも安心な家作りについてご紹介しました。