実はすごかった!引き戸のメリット

私は日常的に外国人と接する機会が多いのですが、「日本の家って、引き戸が多いよね!これってユニーク!」という、引き戸に関する好意的な意見をよく聞きます。

確かに意識しないとあまり気が付かないのですが、西欧の家屋はいわゆるドア、開き戸です。これに慣れている人から見れば、引き戸はとても特異な家屋設備と言えるでしょう。

もちろん扉の年代やつくりにもよりますが、引き戸は「ばたん」といった開き戸特有の騒音がなく、また住まいの構成によってはスペースもとらずに済むという特徴があります。

小さい子どものいるご家庭では、開き戸の隙間に指をはさんで怪我をしないように専用機器などを取り付ける必要がありますが、引き戸はこういった危険性が低いのもポイントです。

「ちょっと古臭い」というイメージのある引き戸ですが、便利なメリットも大いにあります。一戸建てを建築するなら外見だけではなく機能性もよく踏まえた上で、新しくお住いを作られる方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

一緒に複数個所をする必要?リフォームは慌てずに!

毎日目にしているとなかなか見抜けないものですが、長く住んでいるとマイホームにもガタは出て来るもの。自分でできる応急処置だけではどうにもならなくなった、という時がリフォーム時と言えるでしょう。

信頼のおけるリフォーム業者や、大阪の工務店にまずは相談をしてみるのがいいのですが、その際に打診される「ついでなので、この個所も一緒に直してしまいましょう」という提案には、ちょっと慎重に。

確かにプロにおすすめされると断りにくいのですが、これ以降も長く住み続ける予定なのであれば、何も「今いっしょに」急いで修正を行わずとも、ゆっくりとタイミングを見極める時間はたっぷりあります。

必要箇所のリフォームにまずはじっくりと集中し、予算の範囲でしっかり納得のできる工事が施されるかを判断しましょう。いくら素晴らしい設備を後付けしたとしても、そのせいで余計なローンをしょいこむような事態になっては元も子もありません。新規購入に比べるとリフォーム費は低額に見えますが、複数業者を比較して、ご家庭の支払いペースによく合った所を見つけるように検討してみましょう。

危険がない家つくりについて

赤ちゃんがいる家については、その赤ちゃんの安全をまもることが大事です。

それは、ひとつに家具などの配置がありますね。

その家具で頭などを打たないようにそんな家具を選ぶことが大事です。そして赤ちゃんにとって、とても安全な家つくりが必要となります。

 

そんな時、自分はこんなデザインの家がいいと思うことがあります。

ところがそのデザインは、大人が暮らすにはいいとしても、赤ちゃんにとって安全な家ではないのかもしれません。

しかし、その時はきづきにくいのです。

そのため、家つくりをする時には家族構成なども考えて、安全な作りにするためにはどうしたらいいのか相談をすることをおすすめします。

それはやっぱり、家の専門家が一番そのことについて知っているからです。

すると、色々な提案を出してもらうことができます。

その提案を元に、自分たちが考えている家と照らし合わせて決めるといいですね。
一方的に決めるよりも、アドバイスを受けることも大切と感じます。

大阪で注文住宅を建てるおすすめの工務店はこちら

小さな子どものいる家庭にぴったりな家

小さな子どもがいる家庭の場合、家選びはなおさら慎重に行わなければ

なりません。

 

特に、ようやく歩くようになった頃の子には、厳重な注意が必要です。
階段のある家の場合、階段の幅は、後付けの安全柵が取り付けられる幅

である必要があります。

 

あまりに幅が広かったり、狭かったりすると柵が取り付けられません。

 

歩く頃の子どもがいるなら、階段の安全柵は必須なので、

まずはこの点をチェックしましょう。
子どもが大きくなれば、いずれ自分の部屋を持つようになるでしょう。

 

本腰を据えて住む家なのなら、子どもの目線に立って、

子どもが生活しやすい環境であるか確かめる必要があります。

 

例えば、階段の一段一段が高すぎると、子どもは上りづらいです。

 

他にも、電灯のスイッチが届く高さにあるか

(これについては後からリフォームで変えられるようです)、

部屋間のドアの開閉が重すぎないかなど、見渡す限り注意点だらけです。

 

東大阪で一戸建てを建てるなら一番の理想は、これらすべてを兼ね備えた家ですが、

そんなに都合のいい家はなかなか見つからないでしょう。

 

後から改造・リフォームが可能な点や、市販品で簡単に安全対策できる点を

除外していき、どうしても変えられない点を優先するようにしましょう。

 

赤ちゃんも安心な家作りについて

マイホームを建てる際に赤ちゃんを安心して子育て出来る家作りを

する事がとても大切です。

 

特に収納スペースを多く作る事が重要です。

 

フローリングに物が置いてあると誤飲したり怪我をするリスクが

非常に高まります。

 

部屋が散らからないようにする為には、収納スペースを多く使って

おく事が必要となります。

 

フローリングの場合、床が硬いため転んだりすると怪我に繋がります。

 

畳の部屋やフロアマットを採用すると安心して子育てが出来ます。

 

次に階段を緩やかにするなども有効です。

 

赤ちゃんを抱っこして階段を上り下りする際に負担となります。

 

勾配が緩やかだと二階への上り下りが楽になります。

 

家を建てる際に使う材料も重要です。

 

赤ちゃんの肌に優しい天然の木材などを使う事で子育てがしやすくなります。

 

家の間取りや広さについてもしっかりと考えると良いです。

 

リビングが広いと子供を遊ばせたり寝かせたりしやすいです。

 

生活する時間が長いリビングを広いスペースにする事も

子育てしやすい家になります。

 

赤ちゃんも安心な家作りについてご紹介しました。